\ 最大10%ポイントアップ! /

家電量販店はネットと店頭で値段が違う!?お店でもネット価格で買う方法

当ページのリンクには広告が含まれています。

みなさん一度は家電量販店に行ったことはありますよね。

実は同じ家電量販店でも商品によってネットと店頭の価格が違うことは知っていますか?

我が家の近くには家電量販店Kがあり、ある商品をネットで検索したところ、一番安かったのがKでした。

休日にその商品を購入するつもりでKの店頭に行ったところ、ネット価格とはまったく違う金額(定価)で表示されているではありませんか!

その価格差はなんと約6,000円!!

えっ!ちょっと開きすぎじゃない?!

家電量販店の担当者に交渉すればネット価格に合わせてくれることもありますが、サイトに記載されている「店頭の価格とは違うことがあります」という旨の説明を引き合いに出され、大半の交渉は決裂します。

また決裁権のない担当者だとやり取りが面倒だし、値下げしてくれる確率は大幅に下がります。(個人の感想です)

そういったやり取りが面倒な人におすすなのが、取り置き予約をしてから店頭で購入する方法です。

3行でわかる!この記事のポイント

1.家電量販店では店頭取り置きを利用がおすすめ

2.店頭取り置きにするメリット・デメリット

3.店頭取り置きとネット購入の違い

目次

家電量販店のネットサイトから店頭取り置きを選ぶ

家電量販店の店頭価格はネット価格よりも高いことがあります。

家賃や人件費などもかかるものね・・

どうしてもネット価格で購入したいときは、店頭取り置きサービスを利用しましょう!

事前に取り置きしてから来店すれば、店頭での支払い時にネット価格(安いほうの価格)で決済してくれます。

商品をレジで読み込んだ際、店頭価格が表示されるため一瞬ドキッとしますが、すぐに修正してくれます。

また店頭価格のまま支払いを求められたら、ネットで取り置きしたと伝えればOKです。

ふらっと立ち寄ってこの商品がほしい!となったとしても、スマホでそのお店のネット価格を調べる癖をつけておけば損しないで済みますよ。

商品によっては当日の取り置き予約ができることもあります!

店頭取り置きするメリットは3点

そのままネットで購入してもいいのですが、取り置きをしてもらって店頭で購入するメリットはあります。

・商品の支払い方法が複数選べる

・商業施設のテナントならその施設のポイントもつく

・購入前に実際の商品が見ることができる

支払い方法が複数選べる

店頭で支払いをする場合、現金やクイックペイ・iDなど非接触型決済なども利用できます。

ネットだと現金での決済は不可ですし、非接触型でも利用不可なことが多いです。

現金払い主義の人には「店頭取り置きサービス」が絶対おすすめ!

商業施設のテナントなら施設ポイントもつく

「ららぽーと」や「アリオ」など大型商業施設に入っている家電量販店では、量販店のポイントと同時に商業施設のポイントも付与されます。(施設によってはどちら一方の付与になることもあり)

セール品など独自ポイントが付与されない商品の場合、商業施設のポイントも付与されないことがあります。

実際の商品を見てから購入できる

家電量販店の店頭には実際に体験できるデモ機が用意されていることがあります。

商品のデモ機を体験することで、「ん!?なんかイメージと違う」「イメージしてたよりずっといい」「実際の色はこんな感じか」など、実際に商品に触れてから購入を決断することができます。

たとえ意中のデモ機がなくても、近い商品のデモ機を体験することでイメージが沸いてくる可能性もありますよ。

もしイメージと違った場合、店員さんにキャンセルを伝えればOKです。

店頭取り置きのデメリット

店頭取り置きをするのに、デメリットだと感じる点は下記のとおりです。

・店頭在庫を取り置きするので欠品していることがある

・指定した期日が過ぎると取り置きが解除される

・実店舗が近くにないと利用しにくい

欠品していることがある

家電量販店の取り置きサービスは店頭在庫と共有していることもあり、在庫僅少の商品の場合は確保される前のタイミングで売れてしまうことがあります。

そのため、取り置き完了メールが来るまでは申し込めたとしても注意が必要です。

希望のお店に在庫がなくても、取り寄せで対応してくれる家電量販店もあります。

指定した期日を過ぎると取り置き解除

取り置きサービスを申し込む際、必ず来店日時を入力しますが、来店日時=取り置き有効期限となっています。

自身が設定した日時にお店に行けない場合は取り置きはキャンセルされます。

キャンセルされてしまうと他のお店に回されたりするので再度申し込む必要があります。

どうしても都合が悪い場合は必ずお店に連絡しましょう。1~2日程度なら取り置き期間を延長してくれるかもしれません。

実店舗が近くにない

取り置きサービスをしたくても実店舗が近くにない場合はとても不便です。

職場や学校への通勤通学の途中にあればまだいいですが、普段行かないような場所だと行くのが億劫になったり、忘れてしまう可能性があります。

実店舗が生活圏にない人は、取り置きサービスよりもネット購入をおすすめします。

店頭取り置きとネット購入の違い

店頭取り置きサービスとネット購入の違いをわかりやすく表にしました。

店頭取り置きネットで購入
現金で支払いができる現金での支払い不可
QR決済や非接触型の支払い方法が豊富非接触型はほぼ未対応
施設によっては複数のポイントがつく家電量販店のポイントしかつかない
実際の商品を見てから購入判断ができる
(最悪購入しなくてもOK)
実際の商品を見ることはできない
(開封すると返品できない商品もあり)
店員さんに質問することができる自分で判断するしかない
実物がその場で受け取れる
(箱潰れなどもその場で確認可)
自宅に届くまで不安が残る
(配送遅延・箱潰れなどの可能性あり)

ネットで直接購入するなら、Amazonの方が安いこともあるので比較してみましょう!

まとめ

ネットで取り置き予約、店頭で購入するメリットがあることはおわかりいただけたでしょうか。

ネット上で購入まで完結させれば自宅に届けてくれてますが、ちゃんと届くまではやっぱり不安ですよね。

あと家電量販店に行くのが好きな人にも取り置きサービスはおすすめです。

ちなみに僕は電化製品を見てるだけでも楽しめるタイプです👀

また、一部の家電量販店には日用品も取り扱っています。

取り置き予約から来店した際、日用品をポイントで購入することもできますよ♪

\いきつけの家電量販店がある人はスマホ購入時にもポイントが使える/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

このサイトはSWELLで作成しています

SNS・ブログを収益化するなら

目次