\ 最大10%ポイントアップ! /

Fire TV Stick(ファイヤースティック)をHDMIがない車で見る方法

当ページのリンクには広告が含まれています。

車のナビ画面やリアモニターでもYoutubeなど動画配信サービスも見れたら最高だと思いませんか?

最新の車だとカーナビ自体にyoutubeなどの動画アプリが入っていたり、HDMI端子にスマホを接続すれば簡単に動画配信サービスが車内で楽しめますよね。

しかし年式の古い車(特に純正ナビ)はHDMI端子が付いてないことが多いです。

今回はHDMI端子がなくても黄・白・赤の3色のRCA端子を利用し、難しい作業は一切なしで動画配信サービスを楽しめる方法をお伝えします。(※RCA端子がない場合はこの方法は使えません)

当記事では「Fire TV Stick 4K Max」を使った接続例を記載しています。

3行でわかる!この記事のポイント

1.カーナビにHDMI端子がなくても動画配信サービスは利用できる。

2.RCA端子から出力するために必要なもの

3.実際にFire TV Stickを使って動画配信サービスを視聴した例

目次

事前に用意が必要なもの

Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です

車のRCA端子を利用して動画配信サービスを見るには、下記の準備が必要です。

HDMI to RCA変換コンバーター

Fire TV Stick (この記事で使用したのはFire TV Stick 4K Max)

USB2口以上ついているシガーソケットアダプタ

Fire TV Stickはchrome castなどでも代用できますが、他の商品を使ったことがないため、この記事では実際に使用したFireTV以外の商品紹介は割愛させていただきます。

HDMI→RCA変換アダプタ

Fire TV StickはHDMI出力専用なので、RCA出力に変換するアダプタとRCAケーブルが必要です。

必ずHDMI to RCAの変換コンバーターを選んでください。RCA to HDMIだと使えません!

Fire TV Stick(ファイヤースティック)+WiFi環境

Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です

自宅でFire TV Stickを使うときにもWiFi環境が必要なのと同じで、車で見る場合でもWiFi環境が必要です。

WiFi環境はスマホのテザリングで十分ですよ♪

データ上限があるプランで契約しているなどテザリングを使いたくない場合、2,980円(税抜)でデータ無制限になる「楽天モバイル」を副回線として契約するのもおすすめです。

WiFiポケット1円キャンペーンを利用すれば、WiFiルーター本体もタダ同然で手に入ります。(2023.9月時点)

電源とタイプBケーブル

HDMI→RCA変換コンバーター、Fire TV StickともにUSBタイプB給電となっており、付属のUSBケーブルを接続して電源を取ります。

そのためシガーソケットなどからUSB電源が取れるアダプタ(USB2口以上)が必要になります。

接続していく

前項のものがすべて揃ったら、実際に車のカーナビに接続していきましょう。

STEP
カーナビと変換コンバーターにRCAケーブルをつなぐ
RCAケーブルをつなぐ
STEP
Fire TV Stickを変換コンバーターにつなぐ
Fire TV Stickと変換コンバーターを接続
Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です
STEP
電源に接続する
ソケット電源
STEP
Fire TV Stickのリモコンで電源ON
モニター画像
Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です

再生してみる

モニター画像

接続が完了したら、Fire TV Stickのリモコンを使って操作します。

スマホのテザリングを利用し、Fire TV StickとWiFi接続してYoutubeアプリを選んでみると、ナビ画面には上記のように表示されます。(心霊系が多いのは妻の趣味です・・)

Youtube以外にもプライムビデオやNETFLIXも再生できますよ!

リアモニターにも同じ映像が映る

リアモニター画像

またリアモニターを設置されているお車には、前面のナビ画面と同じ画像が出力されます。

ミニバンの2列目・3列目に座る方も大画面でYoutubeなどを楽しむことができます!

まとめ

車でYoutube、プライムビデオ、NETFLIXなどの動画配信サービスを視聴できれば、同乗者にとって最高の退屈しのぎになります。

特にお子様がいるご家庭にはおすすめ!

ドライバーさんは運転中に見るのはダメですが、休憩や車中泊などをするときに楽しめますよ♪

HDMI端子がないからと諦めていた方はぜひ試してみてください(^^♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

このサイトはSWELLで作成しています

SNS・ブログを収益化するなら

目次