\ 最大10%ポイントアップ! /

【NANAMI】ワイヤレス充電器の評判は?U6をレビュー

当ページのリンクには広告が含まれています。

スマホの充電端子が壊れて充電できなくなったという経験したことありませんか?

充電するために毎回ケーブルを抜き差ししていると、充電端子が故障することが結構多いんです!

充電できなくなったら電池切れの不安を感じながら使うしかないわね・・

そんなときにワイヤレス充電に対応しているiPhone・Google Pixel・GALAXYなどの機種であれば、本体背面からワイヤレス充電器を使って充電することができます。

個人的にはワイヤレス充電搭載のスマホをおすすめします。

最近はワイヤレス充電を搭載する機種が増えていますので、対応機種を利用中なら充電口の損傷を防ぐためにもワイヤレス充電器を使ってみてはいかかでしょうか!?

今回Amazonで評判のよかった「NANAMI U6」というワイヤレス充電器を購入したので、実際につかってみて率直な意見を本記事でレビューしていきます。

3行でわかる!この記事のポイント

1.NANAMIってどこのメーカー?U6の基本性能

2.ワイヤレス充電器のメリット・デメリット

3.NANAMI U6をおすすめしたい人

目次

ワイヤレス充電器 NANAMI U6のスペック

NANAMI U6

今回購入したワイヤレス充電器はNANAMI U6という安価でベーシックなタイプです。

NANAMIは中国のメーカーですが、Amazonの評価が比較的良かったのと、2個セットがかなり安かったため購入しました。

商品名NANAMI U6
15W出力対応機種Xperia1IV/Ⅲ/Ⅱなど
10W出力対応機種Galaxy S23/S22/S21/S20/S10+/S10など
7.5W出力対応機種iPhone15/14/13/12/11シリーズ、SE3/2、8など
5W出力対応機種上記以外のQi対応スマホ、AirPods/Galaxy budsなどQi対応機器など
入力DC5V=2A / 9V=2A / 12V=1.5A
付属品USB-C↔USB-Aケーブル
本社中国深圳市

NANAMI U6 or USBケーブルの充電速度を比較

AUKEY

AUKEYのPD充電器PA-Y30P(最大出力30W)という充電器を使用して、

NANAMI U6で6分間充電した後の電池残量

ケーブルで6分間充電した後の電池残量

をPixel 8を使って検証しました。【Pixel 8の紹介記事はこちら⇒Pixel 8に買い替えするメリット

STEP
NANAMI U6で充電開始(残量26%)
Pixel8 NANAMI U6
STEP
NANAMI U6で充電開始6分後(残量31%)⇒+5%
Pixel8 NANAMI U6
STEP
ケーブルで充電開始(残量31%)
Piel8ケーブル充電
STEP
ケーブルで充電開始6分後(残量43%)⇒+12%
Pixel8 ケーブル充電

6分間という短時間ですが、ケーブルの方が約2倍の速さで充電できています。

ワイヤレス充電だとAUKEY 30Wのフルパワーを活かしきれない結果となりました。

ワイヤレス充電器 NANAMI U6のメリットは5つ

ワイヤレス充電器NANAMI U6の最大のメリットはスマホを乗せるだけで充電できることです。

毎回充電ケーブルを抜き差ししていると充電端子が壊れる可能性がありますが、その心配はほぼなくなります。

・乗せるだけですぐ充電できる

・充電端子がこわれにくくなる

・有線イヤホン使用と充電が同時にできる

・充電ケーブルの根元が裂傷しにくい

・価格が安い

乗せるだけですぐ充電

テーブルなどに普段から設置しておけば、乗せるだけですぐ充電できます。

我が家でもタイミング次第で充電ケーブルの取り合いになることがあるのですが、ワイヤレス充電対応スマホの人はこちらを使えるようにしておくことで、取り合いになることも少なくなりました。

また、スマホだけでなくAirPodsなども対応機種ならワイヤレス充電できるのが便利です。

充電端子が壊れにくくなる

充電端子を使わずに充電できるのがワイヤレス充電器の最大のメリットです。

スマホをよく使う人だと、一日に何回も充電ケーブルを抜き差ししていませんか?

そのたびに端子は劣化していきますし、また抜き差ししなくてもコンセントやモバイルバッテリーなどからずっと充電器を差しっぱなしで使うのも負担がかかっています。

充電しながら使うのは、端子だけでなくバッテリーも劣化させるのでやめましょう!

有線イヤホンを使いながら充電できる

例えばiPhone7以降の機種で有線イヤホンを使う場合、充電端子に接続して音楽を聴くことになります。

有線イヤホン使用+ケーブル充電は同時にできないってこと?

そのとおりです。

一部のAndroidはいまだに充電端子とは別にイヤホンジャックがついていますが、最近はイヤホンも無線型(bluetooth接続)が増えてきたため、イヤホンジャックを搭載するスマホ自体かなり減ってきています。

ワイヤレス充電器があれば、充電しながら有線イヤホンで音楽を聴くことができます。

(※あくまで充電しながら使用するのは推奨しませんが・・。)

ケーブルの根元が裂傷しにくくなる

充電ケーブルを毎回抜き差ししていると、根元が裂けてきて内部がむき出しに状態になることがあります。

我が家のケーブルもこれまで5本以上は根元が裂けました💦

ワイヤレス充電器なら通常は抜き差しすることはまずないので、ケーブルの裂傷も起きにくくなります。

価格が安い

ワイヤレス充電器といっても安いものから高いものまで多数販売されています。

2023.12現在はダイソーでも1,100円で販売されていますが、最大10Wしか出ない仕様です。

最大15W出力・Amazonの評価も良し・またレビュー数も圧倒的に多いのはNANAMI U6の強みと言えます。

NANAMI U6のデメリットは3つ

実際にNANAMI U6を使用してみると、デメリットに感じる部分はあります。

・充電速度が遅い

・本体が熱くなる

・ズレると充電が途切れる

充電速度が有線ケーブルより遅い

コンセントに差す側のヘッドの出力が高いと満充電になるまでの時間も早くなります。

ただしワイヤレス充電器は機器ごとに最大出力が制限されているため、ケーブルに比べて充電速度が遅くなります。

僕が使用しているPixel8だと最大30Wの高速充電が可能ですが、NANAMIのワイヤレス充電器経由だと10W程度しか出せないことになります。

充電口の劣化を防ぐため、急いでいないときはワイヤレス充電にするなど使い分けるのといいですよ♪

本体が熱くなる

ワイヤレス充電器を使うと、ケーブルで充電したときよりも本体が熱くなります。

これはワイヤレス充電器のコイルからスマホ側のコイルへ電力を送って充電しているためで、スマホを持ったときに一番手に触れる背面側の発熱を避けられないためです。

ズレると充電されない

充電器とスマホ側の充電ポイントがズレると充電されません。

適当にポイっと乗せるのではなく、ちゃんと真ん中あたりに丁寧に置いてあげましょう。

スマホは精密機器なので乱暴に扱うと壊れるわよ

NANAMI U6がおすすめな人

NANAMI U6はこんな人におすすめ!

・ワイヤレス充電器の購入を検討中

・コストをあまりかけたくない

・充電端子を壊したことがある

・充電のたびにケーブルを端子に抜き差しするのが面倒

・充電しながら音楽などを聴きたい (あまり推奨はしませんが・・)

Q&A

昔のiPhoneに付属していた5V1Aの充電器は使えないのでしょうか?

実際に使ってみましたが、30分充電しても電池残量が5%程度しか増えなかったのでおすすめしません。

ケーブルは付属のものじゃなくても大丈夫ですか?

こちらも実際に付属品以外のケーブルを使って充電できることを確認しています。

ワイヤレス充電ができない機種を乗せてしまいました。

iPhone6など古い機種で試しましたが、乗せると青く光りますが通電はされていません。

ただしずっと乗せたままだと故障の可能性もあるため、気づいたらすぐ外してください。

まとめ

NANAMI U6は初めてワイヤレス充電器を購入する人におすすめの商品です。

万が一要望にそぐわなかったとしても、価格が安いので買い替えもすぐ検討できます。

僕も失敗だったらすぐ買い替えようと思って購入しました💦

最大出力だけみれば、Pixel8を20Wで充電できるGooglePixelStandもあります。ただしNANAMIの5倍くらいの値段で比較対象から外しました・・。

これからワイヤレス充電対応のスマホを購入予定の人、ワイヤレス充電器をはじめて購入してみようという人は、手始めにNANAMI U6から導入してみてはいかかでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

このサイトはSWELLで作成しています

SNS・ブログを収益化するなら

目次