ネットワーク利用制限×でも他社SIMなら使える!(赤ロム)

当ページのリンクには広告が含まれています。

通信キャリアのネットワーク利用制限って知ってますか?

ドコモなど携帯ショップでスマホを購入する際、24回や48回払いなど分割払いを選べますよね。

購入時は端末代金を支払う必要がなく、毎月の料金に上乗せして請求される仕組みです。

そのため多くの人が分割払いを利用されているのですが、途中で支払いが滞ったりすると利用制限がかかり、分割契約している通信キャリアからその端末では電話やネットを使えないようロックされてしまうのです。

スマホを使えなくされちゃうのは困るわね…

総務省でも利用制限は問題だと廃止を協議中のようです。

最近では端末価格高騰により中古スマホも人気があり、ネットワーク利用制限▲(分割払い中)の端末だと、×になるリスクもあるせいか販売価格も安くなります。

先日、サブ機として中古で購入したネットワーク利用制限▲のiPhoneがドコモSIMで使えなくなり、確認してみたところ利用制限が×(バツ)=通称赤ロムになっていました。

赤ロムになったら交換対応してくれる中古販売業者もありますが、ネット売買だとほぼ交換は不可能。

元々そのリスクも承知で安く購入したので、ドコモでの利用はあきらめ、他社SIMで使えるのか検証してみました。

利用制限が×(バツ)になったらどうなるの?という疑問は本記事を読めば解決できますよ♪

目次

ネットワーク利用制限×でも他社SIMなら使える

SIMロックなしのiphone

結論から言うと、ネットワーク利用制限×(バツ)の状態でも他社のSIMなら問題なく使えます。

ただし、「SIMロックなし」の端末であることが絶対条件です!

今回の端末はドコモで利用制限がかかった端末なので、ドコモ以外のSIMなら通話・通信とも可能でした。

もし「SIMロックあり」の端末だった場合、他社SIMでの利用もすべて不可となります。

SIMロックありだとお手上げってことね

\SIMロックなしを回線契約せずに購入すれば利用制限はかかりません/

JCOMモバイルで試した結果

我が家では子ども用スマホはJCOMモバイル(KDDI系列)を契約しています。

JCOMモバイルのSIMを利用制限×のiPhoneに入れたところ、何も設定せずとも自動的に電波を受信。

そのあと通話や通信など試してみましたが、すべて問題なく使えました。

\自宅の固定電話がJCOMならスマホもJCOMにするのが断然お得/

もっとおトクに!?【J:COM MOBILE】

他社SIMを入れただけでは使えない場合

他社SIMを入れただけでは電波を受信しない場合、使いたいSIMの会社ホームページから「プロファイル」と呼ばれるものをダウンロードしてください。

とくに格安スマホは「プロファイル」を本体側に設定しないと電波を受信できない可能性が高いです。

※プロファイルのダウンロードと設定方法は、ご自身が使われるSIM会社のホームページを参照ください。

\赤ロム永久保証!こういう販売店なら信頼度もUP/

WiFiだけで利用する場合は心配無用

WiFi SIMなし

利用制限×(バツ)&SIMロックありの場合でも、WiFi環境さえあればそのスマホを使うことができます。

YoutubeやTikTokなども見れますし、プライムビデオなどの動画配信サービスも視聴することも可能です。

電話も日本人の大半が使っているLINEを使えば、LINE同士の通話はかけ放題です♪

WiFi通信ができる場所なら問題なく使えそうね

WiFi環境がない場所ではどうする!?

テザリング

でも外出時などWiFiがない場所だと使えないんじゃ…。

そんなときは自分でWiFi環境を作り出せばいいんです!

利用制限がかかった端末以外のスマホの「テザリング」でWiFi環境を作り出せますし、スマホ以外に「ポケットWiFi」を契約するという手もあります。

テザリングだとスマホのバッテリー消費が加速するので、外出先で通信が多い人はポケットWiFiが有利です。

\無制限使い放題のポケットWiFiがこちら/

利用制限中のキャリアのSIMを入れたらどうなる?

検索中

利用制限をかけた通信キャリアのSIM(今回の場合はドコモ)を入れたらどうなるかも試してみました。

ドコモSIMを入れると一瞬だけ電波マークが出ましたが、数秒後には電波マークが消えました。

以降は検索中と出たりするようになりました。

やはり使えませんね・・・

仕方なくドコモSIMを元の端末に戻したのですが、電波のところに「!」マークが出て使えなくなって焦りました💦

端末を再起動したらちゃんと電波を拾うようになるので焦らず対応しましょう。

ネットワーク利用制限をかけられてしまう理由

ネットワーク利用制限×

利用制限をかけられてしまう理由は下記のとおりです。

①分割払い中に支払いが滞ってしまった。

②紛失サービスなどを利用して交換端末を受け取った場合。

③不正に契約されたり取得された端末。

※②紛失したと申請した端末が見つかった場合、契約している通信キャリアへ返却する義務が生じます。

見つかった端末は不要だからと買取店に持ち込む行為は不正となりますのでご注意ください。

\紛失や盗難に備えて保険に入っておくのもありかも/

まとめ

Pixel8

2023年から続く円安の影響もあり、新品スマホの価格はどんどん高騰しています。

そういった時代背景もあり、あえて中古スマホを購入するという人も増えました。

中古スマホ販売店を覗いてみると、ネットワーク利用制限▲の端末は〇の端末と比べて安価で販売されており、中古販売店によっては「赤ロム保証」として、利用制限×になったら本体交換をしてくれるお店もあります。

本記事で実証したとおり、ネットワーク利用制限×(バツ)でも他社SIMやWiFiで使用することはできます。

中古スマホがどうしても不安な人は「利用制限〇」or「赤ロム保証」があれば安心して購入してOKですよ♪

\大手の中古スマホ販売店なら信頼度もUP♪/

[伊藤忠グループ] 中古iPhone販売サイト にこスマ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

このサイトはSWELLで作成しています

SNS・ブログを収益化するなら

目次