東京から日帰りで京都はもったいない?新幹線の始発なら楽しめる

当ページのリンクには広告が含まれています。

東京から京都に旅行するなら最低でも1泊2日にしますよね?

しかし先日、学校行事に子どもを途中参加させるのに京都まで送り届けなければならない事態が発生。

前日夜に京都まで付き添うことが急遽決まり、自分は日帰りでいくしかないということがありました。

ただせっかく京都に行くのだからと時間の許す限り観光して帰ることに。

京都まで来てトンボ帰りはもったいものね

単なる貧乏性なのかもしれません💦

結果として、京都で観光する場所を絞ったおかげで大阪にも立ち寄ることができました。

本記事では自分が実際に日帰りで回ったコースを紹介していますので、東京から京都に日帰りでいけるの?もしくは日帰りで行く計画を立てている人は参考にしてみてください。

目次

東京から日帰りで京都へ行くなら新幹線

東京駅時刻表

東京から日帰りで京都に行くなら朝6時台の「のぞみ」に乗りましょう。

今回利用した「のぞみ」は東京駅を6時24分に発車→京都駅には8時33分に到着しました。

新幹線を推奨するのは下記のメリットがあるからです。

京都駅に最速で到着できる

新幹線京都駅

東京駅から京都駅までは2時間10分ほどで到着するため、現時点では新幹線を利用するのが最速です。

飛行機だと羽田空港から大阪伊丹空港までは1時間ほどなのですが、空港から京都駅までの移動時間を加算すると新幹線を利用する方が早く到着します。(東京駅と羽田空港を同時刻に出発したと仮定)

調べたら飛行機だと始発でも京都駅着は9時過ぎなのよね

早く到着すればその分観光する時間も増えるので、京都なら新幹線に分があります。

自由席でも座れる

自由席特急券

東京駅はすべての新幹線の始発駅なので自由席でも着席できる率は高いです。

さらに早朝6時台の列車なら発車間際でも座れる確率はより高まります。

たとえ並んでる人が多かったとしても、1本あとの列車を待てばほぼ着席できます。

時期によっては指定席しか選べない

EX予約切符

正月やおぼんといった時期だとのぞみ号には自由席が設定されません。

だからといってわざわざ駅で切符を買う必要はなく、クレジットカードがあればスマホから指定席を確保できる「スマートEX」を利用することが可能です。

スマートEXならシートマップから自分が座りたい座席を選べますし、Suicaなどをあらかじめ紐づけしておけば、チケットレスで新幹線に乗れますよ♪

\チケット派におすすめ!わざわざ買いに行かなくてもいいのが便利/

・JR新幹線・特急のチケットを自宅にお届け!【NAVITIME Travel】

GW・お盆・正月は1か月前の午前10時に購入しないと、希望列車の指定席が取れないことも。

日帰り京都観光

京都駅中央口

京都駅についたら電車+徒歩で行けるスポットに絞って観光しました。

バスは積み残しや渋滞など時間ロスの確率が上がるためパス。(駅徒歩20分以上かかる場所はパス)

京都での行程は下記のとおりです。

STEP
東京駅から京都駅へ(東海道新幹線)
新幹線東京駅

おとな13,320円(自由席) 約2時間10分

STEP
京都駅から稲荷駅へ(JR奈良線)
奈良線

おとな150円 約5分

STEP
伏見稲荷駅から祇園四条駅へ(京阪電車)
京阪

おとな220円 約10分

STEP
ニンテンドー京都へ立ち寄る(京都高島屋)
STEP
四条駅から京都駅へ移動(京都市営地下鉄)
京都市営地下鉄

おとな220円 約3分

STEP
京都駅から嵯峨嵐山駅へ移動(JR嵯峨野線)
嵯峨野線

おとな240円 12分(快速)~18分(普通)

伏見稲荷大社

伏見稲荷
千本鳥居

千本鳥居が有名な京都有数の観光スポット。

京都駅からJR奈良線でわずか2駅目、改札を出て目の前という最高の立地。

そのせいか移動中の電車も満員、現地では複数の学校の修学旅行生と外国人観光客でごった返していました。

千本鳥居はとくに人が密集しているのであらかじめ覚悟しておきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

このサイトはSWELLで作成しています

SNS・ブログを収益化するなら

目次